HOME > 和楽の畳工事について(表替え・裏返し編)

和楽の畳工事について(表替え・裏返し編)

 

畳表替えの時期の目安

畳表は、裏返しなら3~5年位、表替えなら5~6年が目安の時期です。
(高級品の場合はそれ以上、長持ちします。)
その他に、畳表の表面が擦り切れていたり、
傷みが激しい場合などは状況に応じて交換をおすすめ致します。

畳表替え・裏返し工事の流れ

1.お問い合わせ(見積・工事依頼)

電話、メールにて、お客様のお名前・ご住所・電話番号、畳の枚数をお聞きします。
現場調査・見積日を決定します。

2.見積もり&現場調査

打ち合わせの日時に畳材料の見本帳(サンプル)を持参します。
その際、畳床の傷み具合、床板等のチェックをします。
材料は見て・触って・知って選んでください。
その場で積算いたします。

3.ご注文

ご注文いただいた時点で施工日を決定いたします。
お客様に急なご予定が入ったり、天気予報で雨模様の場合など、
ご相談の上、施工日を先延ばしにすることがありますが、
前日に確認のお電話を差し上げます。

4.施工(畳の搬出)

当日の朝、8時から9時半の間にお伺いします。タンス等の家具の移動は、すべて当店で行います。
高価な置物や倒れやすいものだけ、お客様でお片付けをお願いします。
その際、家具の裏側、床板など、普段はお掃除しにくい部分も、当店の業務用掃除機できれいにします。
お客様は見てるだけです。

5.加工

当店工場のコンピュータ式畳製造ラインにて搬出時にチェックした畳どうしの隙間、くぼみなどを修繕しながら、指定された畳表・縁に取り替えます。
新しい畳表に付着している粉も自動的に落とします。
早くてきれいが自慢です。

6.敷き込み

打ち合わせした時間に、畳を搬入・敷込みます。
畳の微妙な高さ調整を行った後、家具を元通りに戻します。
再び掃除機をかけた後、畳表をしっか拭き掃除し、お客様がすぐにお部屋を使えるようにして施工は完了。

7.お支払い

基本的には、施工完了時点で現金でのお支払いとなります。
分割払いは3回までお引き受けしますが、銀行振込でお願いします。


okusama_raku

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る