HOME > 畳とは

畳とは

27e49cca0f91e132513b85a45caf2c711

本畳・伝統を宿す和の心

藁を糸でさしかためた床(とこ)に、藺草で編んだ表をつけ家の床上(ゆかうえ)に敷く物。(広辞苑より)

我々の祖先が、瑞穂の国の名にふさわしく、稲わらと藺草の組み合わせによる「畳」というすばらしい敷物を創り上げたのは1000年以上前の平安時代といわれています。
初めは、貴族階級の寝殿造りの板の間に寝具や、座具の置き畳として使われ、使用する人の位によって、厚さや縁の紋様が規定されていました。
やがて、書院造が完成されると共に、部屋全体に畳を敷きつめるようになり、敷物から建物の床材になり始めてゆきます。 安土・桃山時代になると従弟制度が生まれ、茶道の発達と共に、武士階級や商家に飛躍的に普及しました。 江戸時代の中期以降に一般庶民の住宅に、明治時代には農民にも広く取り入れられるようになりました。
「畳が恋しい」・「畳の上で死にたい」といわれるほど、日本人のやすらぎの場として、現在まで愛されて続けています。
なぜ永年存在し続けたのでしょうか。
それは、はっきりと四季の変化を持ち、湿度の高い気候と、履物を脱いで室内で生活する日本人の習慣に、 現在科学的に立証されている畳の性能(保温・弾力・吸放湿等)があったからです。
元来、本畳は多年生植物の天然素材で出来ており、自然と人間にやさしい商品です。 地球環境問題が叫ばれている現在では、古くて、しかし最も新しい世界に類をみない敷物といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る