HOME > 畳に関する害虫の種類~ケナガコナダニ(コナダニ科)

畳に関する害虫の種類~ケナガコナダニ(コナダニ科)

konadani形態:体長0.3~0.5mm。透明感のある乳白色、「ケナガ」の名の通り胴体部に長い毛が多数はえている。

食品害虫であらゆる食品類を食害し汚染する頻度が一番高いダニである。またカビも摂取し、カビが発生するような温湿度環境下(25℃、70%PH以上)で異常発生することがある。

卵から成虫まで10日間、好条件に恵まれると1日に10個前後の産卵能力がああり、急速に個体数が増加する。

寿命は15日間位。乾燥に弱く、室内湿度70%PH以下では発生しにくく、低温には強く0℃で30時間、逆に高温度に弱く35℃で1時間で致死、畳から発生した場合には、殺虫剤での駆除よりも、加熱乾燥処理をすると良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る