HOME > 畳に関する害虫の種類~コナヒョウダニ(チリダニ科)

畳に関する害虫の種類~コナヒョウダニ(チリダニ科)

tiridani形態:体長は0.2~0.4mmの楕円形、体色は褐色がかかった乳白色、寝具や家屋内塵中に広く分布し、動物の皮垢、動植物繊維、カビなど摂食するがカビのみでは育たない。

一年中屋内で検出されるが、幼虫の発生は6月に多く、温度25℃湿度75PHの下で成虫まで33~46日間、成虫は雄が60日、雌で80~180日間生きる。

アレルギー疾患のアレルゲンとして問題になっており、虫体だけでなく、死骸・糞もアレルゲンになる。幼虫は60%PH以下の湿度で死亡率が高く、50℃以上の温度では30分以内に死亡する。

駆除するには高温、低湿度の利用、日常的には丹念な掃除と十分な換気による湿度の除去、特に寝具類の管理が大切で、天日干しと水での丸洗いで表面のアレルゲン量の50~90%が落ちる。

その他の害虫については以下より

コナチャタテ
ケナガコナダニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る