ブログ

  1. 稲わら本畳のほう酸噴霧処理について

    ◎ほう酸噴霧処理ほう酸液を水で3倍に希釈し表面に約150cc均一に噴霧。裏面が天然麻のシートの場合、同様に噴霧。ほう酸防虫処理後、加熱乾燥設備で加熱殺菌して二重の防虫を行います。

  2. 清流カラー16

    縁無し畳(ダイケン清流カラー)の施工例

    ダイケン清流カラー15(白茶色)を使用した和室4.5畳のお部屋です。縁無し畳で、カラーもナチュラルな雰囲気になりますので、フローリングの続き間などにおすすめです。

  3. 化学素材畳表~ダイケン健やかおもて~

    現在の畳表は、従来のい草のものだけではなく、和紙や樹脂など化学素材でできているものもあります。それぞれ特徴がありバリエーションも豊富ですので、用途に合わせてお選びください。ダイケン健やかおもて和紙をい草状に加工して織り込んだ新世代畳表。

  4. 無農薬稲わら販売しています

    秋晴れの天候が気持ちの良い今日この頃、当店では田んぼから稲わらの集荷作業に追われています。稲わら畳床の原料となる稲わらは、稲刈りが終わった田んぼから毎年10月~11月に集中的に行います。

  5. 畳ができるまで

    戦前「床ふみ3年、刺し5年」という畳の世界のことわざ通り、畳床づくりから手作業により表張りまでを畳職の技術としました。現在、畳床の芯材である畳床を作る作業は床メーカー、畳表・縁をつける作業は畳屋、というように分業制がほとんどになっています。

  6. 畳縁について(畳の見本帳)

    畳を敷き合わせて、目にすることができるのは畳表と畳縁です。様々な畳縁の中からお部屋の雰囲気に合った縁を用いますと畳表を一層際立たせ、独特の居住空間を生み出すことができます。

  7. 畳の加熱乾燥

    畳の加熱乾燥~天然素材でもこれで安全・安心!~東海「燦」消毒消臭乾燥機特徴・熱交換方式のため加熱空気はいつも新鮮・製品に合った時間設定で、水分を強制排除・高温により消毒効果はもちろんのこと、臭いも分解・高温処理は製品の形状に関係なく、芯部まで浸透・畳などの製品を傷めな...

  8. 稲わら畳床ができるまで

    畳は中身が大事です。畳の性能を決定する大部分が畳床になります。当店では各種畳床を全国へ出荷しております。特に稲わら畳床に力を入れております。宮城県はその本来の畳の良さを持つ稲わら畳床の全国シェア4割弱を占める主産地です。

  9. 稲わらの放射能について

    稲わらの放射能について、全国の皆様からお問い合わせをいただいたこともあり、当店では平成27年1月15日、宮城県産業技術総合センターへ稲わらを持ち込み放射線量(μSv/h)の測定検査を行いました(約1年前の結果になりますが、現在製造している稲わら畳床に主に使用している稲わらに対する測定結果になりま...

  10. 畳床の選び方

    畳床の選び方ご存知ですか?畳の中身普段目に触れる機会のない畳の芯にあたるのが畳床。畳の機能・性能を大きく左右する重要なポイントです。畳床には大きく分けると3種類あります。

ページ上部へ戻る