HOME > 商品一覧

オリジナル柔道用畳 やわら

畳屋がつくる柔道用エコ畳

オリジナル柔道用畳 やわら

「やわら」は中心に補強材を配した稲わら畳床に、クッション材を配して衝撃吸収性を増し 柔道用畳表を縫いこんだ、畳屋が製作して補修まで施せる練習用の柔道畳です。

伝統の素材を現代に平安時代に日本人の知恵が生み出した畳は、い草と稲わらを組み合わせ縫い上げたもの。
稲わら畳の耐久性と独特の弾力緩衝性は長い歴史が証明しています。
そして原材料の毎年できる稲わらは環境負荷が全くなく、リサイクルも容易にできるエコ商品です。
「やわら」は中心に補強材を配した稲わら畳床に、クッション材を配して衝撃吸収性を増し
柔道用畳表を縫いこんだ、畳屋が製作して補修まで施せる練習用の柔道畳です。

柔道畳やわらの特長

環境配慮

「稲わら」は毎年、宮城県内の田んぼでつくられる環境負荷の全くない再生材料です。
「やわら」は、分解、分別を容易にできる構造なため、使用済み後も、容易にリサイクル利用できます。

耐久性

芯材の稲わら畳床は、二本の糸で上下から縫う製法から、他の芯材とは比較にならない耐久性があります。
表面材は畳表とクッション材を密着接合することにより、畳表にたるみやズレが生じにくく丈夫です。

衝撃吸収性(弾力性・安全性)

稲わらの適度な弾力性と低反発クッション材との相乗効果により、弾力性と衝撃吸収性があります。
事故や怪我の防止に配慮しました。
実際に「やわら」を使用した柔道部員たち(初級者)は、「投げられたとき痛くない」と笑顔で話してくれました。

経済性

「やわら」の畳床には、使用済畳からの再生稲わら(40%以下の配合)を使用し、コストダウンを図りました。
また、芯材の畳床はそのままに、傷んだ畳表とクッション材の表面材を交換する事で長期間補修しながら使用でき経済的です。

畳職の技術

空き教室などに畳を敷き込むには、採寸等の畳職の専門技術が必要です。
また、さまざまなサイズの柔道用畳を作ることができます。
畳表の傷などの部分的補修や表面材の交換は畳職人ならではの技術です。

アフターメンテナンス

地域の畳店、畳職人により、迅速かつ丁寧な対応をさせていただきます。

 

柔道用畳「やわら」エコマーク認定商品

使用畳床

宮城県グリーン製品認定、伊達な稲わら本畳床。
田んぼからの稲わらと加熱殺菌した使用済畳からリサイクルした再生稲わらをバランスよく配合したJIS A 5901の同等品。

用途

中学・高校の学校授業及び部活動用。
固定して使用する場合に最適。

yawara1_img

断面図_柔道用畳やわら

大きさ 規格サイズ mm 重量 価格
標準間 長さ1820×幅910×厚さ60 30kg 29,000
関東間 長さ1760×幅880×厚さ60 28kg 28,000

 

柔道用畳やわらⅡ 軽量タイプ

使用畳床

通常のポリスチレン稲わらサンドイッチ畳床に強度、軽量化、弾力性を持たせるため、強化フォームとクッション材を使用し、リサイクル性を高めるため、分離、分別しやすい構造にしています。

用途

中学・高校の学校授業及び部活動用。
畳を移動して使用する場合に最適。

yawara2_img

断面図_柔道用畳やわら2

大きさ 規格サイズ mm 重量 価格
標準間 長さ1820×幅910×厚さ60 16kg 33,000
関東間 長さ1760×幅880×厚さ60 15kg 32,000
ページ上部へ戻る